クレジットカードを持っていないという人は今では少数派になっています。逆に言えばほとんど人がクレジットカードを持っているということになります。クレジットカードは通常のショッピングに使用するショッピング枠とキャッシングに使うことができるキャッシング枠が別々に限度額が設定されています。

最近ではキャッシング枠の設定がされていないクレジットカードも増えているようですが、自分からキャッシング枠の設定を申し込んでいないクレジットカードはいくらかのキャッシング枠が設定されていると考えていいでしょう。もちろん、クレジットカードのキャッシング枠は特徴としてあまり大きな金額が設定されているわけではありませんが、設定分の金額は新しく申し込みや審査を受ける必要がないので、必要になればすぐにキャッシングをすることができます。

クレジットカードのキャッシング枠は金利が高くなっているので、大きな金額のキャッシングをすると金利がかさんだりするのでお勧めできませんが、ショッピング枠の支払と一括支払いできるような少額のキャッシングであれば利便性は高くなっていると言えます。

私自身もちょっとキャッシュが必要で、持ち合わせや銀行口座にお金がない場合にはそれなりの頻度で利用しています。